【半導体工学】拡散電流とは (発生,再結合,ライフタイム,連続の式)

科学、数学、工学、プログラミング大好きNavy Engineerです。

Navy Engineerをフォローする
工学

不均一のときに均一になろうとする力が働き,これを拡散といいます.拡散とドリフトは同時に起きます.本記事では拡散電流について説明します.

スポンサーリンク

拡散とは

温度や分子密度が不均一のときに均一になろうとする力が働き,これを拡散といいます.

図1 電子密度の不均一分布

図1のように半導体中の電子密度も同様に不均一のときに拡散して均一にしようとする力が働き,拡散により生じる電流を拡散電流といいます.電子密度が図1のような不均一な分布をしている場合,全体の拡散電流は電子と正孔による拡散を合わせた電流になるため,全体の拡散電流密度は以下のように示されます.
$$J=J_n+J_p=q\left\{D_n\frac{dn(x)}{dx}-D_p\frac{dp(x)}{dx}\right\}$$

\(q\): 電荷
\(n\): 電子のキャリア密度
\(p\): 正孔のキャリア密度
\(D_n\): 電子の拡散係数
\(D_p\): 正孔の拡散係数

上の式より,電子と正孔が同じ向きに拡散すれば電流は互いに打ち消し合い,逆の向きに拡散すれば電流は足し合わせた値となります.

拡散とドリフト

拡散はキャリアの不均一で起きるため,不均一でなくなれば拡散も止まります.実際は半導体に添加されたドナーとアクセプタはキャリアを放出したあと,自身はイオンとなり固定電化として振舞うため半導体内部に電界が発生し,ドリフト (電界によるキャリアの移動)が生じます.拡散とドリフトが同時に起こり,互いに打ち消しあい時間がたつと平衡状態になります.また電子と正孔の両方で拡散とドリフトがつりあいます.

拡散とドリフトの平衡状態の式は電子の場合,拡散の式\(-qD\frac{dn(x)}{dx}\)とドリフトの式\(qn(x)\mu E\)から以下の式が成り立ちます.

$$-qn(x)\mu E=qD\frac{dn(x)}{dx}$$

\(n\): 電子のキャリア密度
\(\mu\): 移動度
\(E\): 電界
\(D\): 拡散係数

アインシュタインの関係

ここで計算は省略しますが,電子の拡散とドリフトの関係の式,電子密度の近似式,位置エネルギーの微分とクーロン力の関係から以下のアインシュタインの関係が成り立ちます.

$$D_n=\mu _n\frac{kT}{q}$$

アインシュタインの関係は移動度と拡散係数の関係を示し,正孔でも以下の式に示すように同様に成り立ちます.

$$D_p=\mu _p\frac{kT}{q}$$

拡散と再結合

キャリアの発生・再結合

キャリアは熱や光によって発生し,また電子と正孔が再結合してキャリアは消えてを繰り返します.またキャリアが励起されてから再結合するまでの時間をキャリアの寿命時間 (ライフタイム)と呼びます.熱平衡状態と非熱平衡状態でのキャリアの発生・再結合について説明します.

熱平衡状態の場合

熱平衡状態ではキャリアの関係は以下のようになります.

$$n_0p_0=n_i^2$$

\(n_0\):熱平衡状態のときの電子密度
\(p_0\):熱平衡状態のときの正孔密度
\(n_i\):真性キャリア密度

伝導体にある電子はよりエネルギーの低い安定した準位に遷移するが,価電子帯の正孔がある場合は伝導体の電子と価電子帯の正孔は再結合します.またキャリアが励起されてから再結合するまでの時間をキャリアの寿命時間 (ライフタイム)と呼びます.

図2に熱平衡状態でのp型半導体でのキャリアの発生と再結合の様子を示します.

図2 熱平衡状態でのキャリアの発生・再結合

熱エネルギーによるキャリアの発生速度を\(G_{th}\),キャリアが再結合する速度を\(R_0\)とすると以下の式が成り立ちます.

$$G_{th}=R_0$$

\(G_{th}\): 熱によるキャリアの発生速度
\(R_0\): キャリアの再結合速度

非熱平衡状態の場合

半導体に光が照射されたときに非熱平衡状態では\(G_{th}=R_0\)が成り立たなくなります.図3に光が照射された場合 (非熱平衡状態)のキャリアの発生・再結合の様子を示します.

図3 光が照射された場合(非熱平衡状態)のキャリアの発生・再結合

光によるキャリアの発生速度を\(G_L\)とするとキャリアの発生と再結合の関係は以下のように示されます.

$$G_{th}+G_L=R$$

\(G_{th}\): 熱によるキャリアの発生速度
\(G_{L}\): 光によるキャリアの発生速度
\(R\): キャリアの再結合速度

また光の照射によりp型半導体で発生した電子密度を\(\Delta n\),正孔密度を\(\Delta p\)とするとキャリアの関係は以下のようになります.

$$p_p=p_{p0}+\Delta p$$

$$n_p=n_{p0}+\Delta n$$

$$\Delta p=\Delta n$$

拡散と発生・再結合の関係

拡散と発生・再結合の関係について示します.

図4 単位長さあたりの流入・流出する少数キャリアと発生・再結合の関係


図4のようにp型半導体における単位長さあたりの少数キャリアの時間的変化は流入する電流密度\(J_n(x)\),流出する電流密度\(J_n(x+dx)\),再結合する少数キャリアの速度R,発生する少数キャリアの速度Gより以下の式で表されます.

$$\frac{\delta n_p(x,t)}{\delta t}=\frac{1}{q}\frac{J_n(x+dx)-J_n(x)}{dx}-R+G$$

\(n_p\): 電子密度 (少数キャリアのキャリア密度)
\(J_n\): 電子の電流密度
\(R\): 再結合速度
\(G\): 発生速度

詳しい計算は省きますが,拡散やドリフトの式を代入すると以下の連続の式と呼ばれるキャリアの振る舞いを表す式です.n型半導体での少数キャリア (正孔)でも同様に考えられます.

$$\frac{\delta n_p(x,t)}{\delta t}=D_n\frac{\delta ^2n_p(x,t)}{\delta x^2}+\mu _nE\frac{\delta n_p(x,t)}{\delta x}-\frac{n_p(x,t)-n_0}{\tau _n}+G_L$$

片側から光を照射した場合の連続の式

図5 片側から光を照射した場合の少数キャリア密度

図5のようにp型半導体の片側から光を照射した場合について考えます.図のように片側から光を照射し続けた場合,表面で発生した少数キャリアは内部へ拡散しながら多数キャリアと再結合します.光が照射され続けた場合は定常状態となり,少数キャリア密度は時間的に変化しないため先ほど示した連続の式から以下の式が導けます.

$$0=D_n\frac{d^2n_p(x)}{dx^2}-\frac{n_p(x)-n_0}{\tau _n}$$

また,境界条件n_p(0)=(定数),\(n_p(\infty)=n_{p0}\)より以下の解を得られます.

$$n_p(x)=n_{p0}+\{n_p(0)-n_{p0}\}exp(-\frac{x}{L_n})$$

\(n_p(x)\): 距離\(x\)での電子密度
\(n_{p0}\): 熱平衡状態での電子密度
\(n_p(0)\): 距離0での電子密度
\(L_n=\sqrt{D_n\tau _n}\): 拡散長 (拡散距離)

\(L_n=\sqrt{D_n\tau _n}\)は拡散長 (拡散距離)で光が照射された表面の少数キャリアのキャリア密度が\(1/e\ (\approx 36.8\ \%)\)になる長さのことを示します.n型半導体の少数キャリア (正孔)でも同様になります.

まとめ

  • 拡散:不均一のときに均一になろうとする力によるキャリアの移動
  • 拡散とドリフトの関係:\(-qn(x)\mu E=qD\frac{dn(x)}{dx}\)
  • アインシュタインの関係:\(D=\mu \frac{kT}{q}\)
  • 寿命時間 (ライフタイム):キャリアが励起されてから再結合するまでの時間
  • 熱平衡状態での発生速度と再結合速度の関係:\(G_{th}=R_0\)
  • 非熱平衡状態での発生速度と再結合速度の関係:\(G_{th}+G_L=R\)
  • 連続の式:\(\frac{\delta n_p(x,t)}{\delta t}=D_n\frac{\delta ^2n_p(x,t)}{\delta x^2}+\mu _nE\frac{\delta n_p(x,t)}{\delta x}-\frac{n_p(x,t)-n_0}{\tau _n}+G_L\)
  • 拡散長 (拡散距離):\(L_n=\sqrt{D_n\tau _n}\)

半導体工学まとめに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました