【高校物理】波動の定義・法則などのまとめ①!

科学
aoi
aoi

閲覧ありがとうございます!
enggyの運営をしている「aoi (あおい)」です。
半導体関係の研究をしているかたわら、enggyの運営やブログ執筆をしています。
「enggy」で少しでも学びがあれば幸いです♪

高校物理の波動①の定義・法則などをまとめました。勉強に役立ててもらえれば幸いです。
波動の定義・法則などのまとめ②!」はこちらです。

波動

波動とは

「波動」は、波の性質や振る舞いを研究する学問です。波動とはエネルギーが空間を伝わる現象で、私たちの周りにたくさんあります。

例えば、海の波を考えてみましょう。風が水面を押すと、エネルギーが水を伝わって波が生まれます。同じように、音波もエネルギーの波です。ギターの弦を弾くと、弦の振動が空気中を伝わり、耳に届いて音として聞こえます。

波には波長と振幅という特徴があります。波長は波の山から次の山までの距離で、振幅は波の高さです。音楽で高い音は短い波長、低い音は長い波長です。

さらに、光も波の一種です。光波は目に見える波で、光速で進みます。虹は光が空気中の水滴に反射して、波長ごとに色が分かれて見える現象です。

正弦波

正弦波は、とても滑らかで規則的な波の形をしています。この波の形は数学のサイン関数に基づいていますが、難しい数学を知らなくても大丈夫です。身近な例を使って説明しますね。

例えば、ブランコに乗って前後に揺れる動きを考えてみてください。ブランコが前に行き、最高点に達し、また後ろに戻る。この動きが繰り返される様子は、正弦波の形とよく似ています。

正弦波はシンプルですが、私たちの生活の中で多くの場面で活躍しています。

位相

位相は、波がどの位置にあるかを示すための考え方です。波は繰り返しの動きをするので、どの部分にいるかを知ることが重要です。

例えば、海の波を見てみましょう。波が一番高いところ(山)や一番低いところ(谷)にあるとき、これが波の位相です。具体的には、山の位置が「0度」、次の山までの半分の位置が「180度」というように角度で表されます。

このように、位相は波がどこにあるかを理解するために重要な概念です。

縦波と横波

波には「縦波」と「横波」の2種類があります。それぞれの違いを簡単な例で説明します。

まず、縦波です。縦波は、波が進む方向と同じ向きに振動する波です。例えば、音波がそうです。スピーカーから出る音は空気の分子を前後に押しながら進みます。これは、波が進む方向と同じ方向に空気が振動するので縦波と呼ばれます。

次に、横波です。横波は、波が進む方向と垂直に振動する波です。例えば、海の波やロープを振ったときの波がそうです。ロープを上下に揺らすと、波が横に進む一方でロープ自体は上下に動きます。これが横波です。

地震も縦波と横波の良い例です。地震の最初の揺れ(P波)は縦波で、次に来る大きな揺れ(S波)は横波です。

このように、縦波と横波は振動の向きによって異なります。

波の基本原理と法則

波の重ね合わせの原理

波の重ね合わせの原理は、2つ以上の波が同じ場所に同時に存在するとき、これらの波が合わさって新しい波を作る現象です。

たとえば、水に2つの小石を投げ入れると、それぞれの小石から円形の波が広がります。この波がぶつかると、波が合わさって新しい波の形ができます。このとき、波の高さ(振幅)が足し合わされます。波の山同士がぶつかると、さらに高い山になりますし、山と谷がぶつかると、波が打ち消し合って平らになることもあります。

ホイヘンスの原理

ホイヘンスの原理は、波がどのように進むかを説明するための考え方です。

ホイヘンスの原理によれば、波の一つ一つの点は、それぞれが新しい波を出す小さな波源として考えられます。例えば、水に石を投げ入れると、円形の波が広がりますね。この波の先端の各点が新しい波源となり、次々と新しい円形の波を出していきます。この小さな波が合わさって、大きな波が前に進んでいくのです。

固定端・自由端

固定端と自由端は、波がどのように反射するかを理解するための重要な概念です。

まず、固定端です。固定端とは、波が反射するときにその端が動かない場所のことです。例えば、ギターの弦を思い浮かべてください。弦の端はギターにしっかりと固定されていますね。このように固定された端に波が当たると、波は反転して戻ってきます。つまり、山だった部分が谷になって反射されます。

次に、自由端です。自由端は、波が反射するときにその端が自由に動く場所のことです。例えば、ロープの片端を手で持って上下に振ったとしましょう。手を持っている端は自由端です。この場合、波が自由端に当たると、反転せずにそのままの形で反射します。つまり、山だった部分は山のまま反射されます。

定常波

定常波 (ていじょうは)はある波と波長と振幅、速さが同じ波が反対方向からやってきて重なって合成された波がその場にとどまって振動しているようにみえる合成波のことです。

定常波は波が打ち消し合って全く振動しない節と、重なり合って大きく振動する腹が交互に並んでいます。

干渉

干渉とは、波同士が出会って影響し合う現象です。

例えば、水の波が互いに出会うと、時には高い波ができることもあります。これは、波同士が重なり合って、力を合わせるからです。しかし、反対に波が重なり合って打ち消し合うこともあります。これは、波同士が逆向きに振動し合うからです。

音でも同じです。二つの音が同時に聞こえると、時には大きな音がすることもありますが、逆に静かになることもあります。これが音の干渉です。

回折

回折とは、波が障害物に当たって曲がる現象です。

例えば、水の波が石に当たると、波は石の周りを曲がって広がります。これは、波が障害物に当たると、障害物の周りに波が広がるためです。光も同じです。例えば、窓から入る光が、角を曲がって部屋の奥まで広がることがあります。これが回折です。

反射

反射とは、波や光が表面に当たって跳ね返る現象のことです。

例えば、鏡に映る自分の姿や、湖面に映る太陽の光は、反射した光です。反射では、入射した波や光が表面で跳ね返り、同じ角度で戻ってきます。例えば、波が水面に斜めに当たると、同じ角度で反射されます。この法則は、鏡や水面だけでなく、壁や建物の表面でも同じように起こります。

屈折

屈折とは、光が異なる媒質(例えば、空気と水)を通るときに方向を変える現象です。

例えば、水に入るとき、魚が見える位置がずれることがあります。これは、光が水中を通るとき、空気と水の密度の違いで光が曲がるためです。このように、光が媒質を通るとき、直線の進路からわずかに曲がることを屈折と呼びます。

固有振動

固有振動とは、物体が持つ固有の振動のことです。

例えば、ギターの弦を弾くと、特定の周波数で振動します。これがギターの固有振動です。また、振り子の動きも固有振動の一例です。振り子が特定の長さで揺れると、特定の周波数で振動します。物体ごとに固有の振動数があり、それぞれ異なる振動パターンを持ちます。固有振動は、音楽の楽器や建物の振動解析など、さまざまな分野で重要な役割を果たしています。

音波

音波

音波は、空気や水などの媒質を通じて広がる振動のことです。

例えば、物体が振動すると、その振動が周りの空気を揺らし、音波が生まれます。これが私たちの耳に届いて音として聞こえます。音波は、振動の速さや強さによって高さ(ピッチ)や大きさ(音量)が変わります。音楽や話し声、動物の鳴き声など、私たちの日常生活には様々な音波が存在し、私たちの感情や状況を伝える重要な役割を果たしています。

音波の反射・屈折・回折・干渉

音波は波であるため「反射」「屈折」「回折」「干渉」の現象を起こします。

音波も壁や障害物に当たると、そのまま戻ってきます。これが反射です。例えば、部屋の壁に話したとき、自分の声が戻ってくるのは反射の結果です。

屈折は、音波が異なる媒質(例えば、空気と水)を通るときに、方向を変える現象です。地上と上空で空気の温度が異なるとき、地上付近と上空では音波の速度が異なるため音は屈折して音の進行方向が上向きになったり、より水平方向に進みやすくなったりします。

回折は、音波が障害物に当たったり、通る狭い隙間から広がる現象です。例えば、ドアを少し開けただけで部屋全体に音が聞こえるのは回折によるものです。

干渉は、2つ以上の音波が重なり合って相互に影響し合う現象です。音が大きくなったり小さくなったりすることがあります。例えば、複数の楽器が同時に演奏されると、音がより豊かになるのは干渉の効果です。

共振・共鳴

共振 (共鳴)は、物体が特定の振動数で揺れるとき、その物体と同じ振動数を持つ他の物体も一緒に揺れ始める現象です。

例えば、ブランコをこぐとき、一定のリズムで押すとどんどん大きく揺れることがありますよね。これが共振です。リズムがブランコの自然な揺れの速さと一致すると、エネルギーが効率よく伝わり、大きな揺れになるのです。

また、ギターの弦を弾くと、近くにある同じ音の弦がわずかに響くことがあります。これが共鳴です。音叉という道具を使うと、同じ音の音叉が近くにあると、それも共鳴して音を出します。共振や共鳴は、建物の設計や音楽の演奏など、私たちの生活の中でもたくさん利用されています。

まとめ

本記事では高校物理の「波動」の定義や法則の①をまとめました。

波動は、音や光、水の波など、エネルギーが空間を通じて伝わる現象を研究する学問です。例えば、音波は空気の振動を通じて音が耳に届く仕組みを説明しますし、光波は光がどのように進むかを理解するためのものです。波動の研究は、音楽のスピーカーや楽器の設計に役立ちますし、光ファイバーを使ったインターネットの通信技術にも応用されています。また、地震波を研究することで、地震のメカニズムを理解し、災害対策に生かすこともできます。日常生活でも波動の原理はたくさん使われていて、私たちが音楽を楽しんだり、インターネットを使ったりするのも、波動の理解があってこそです。

本記事で少しでも高校物理の「波動」の学習に役立てていたら幸いです。

・【高校物理】波動の定義・法則などのまとめ①!【今ココ】
【高校物理】波動の定義・法則などのまとめ②!

その他の高校物理まとめは下記の黄色い枠のリンクから↓

高校物理の定義・法則などのまとめ!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました