【半導体工学】pn接合ダイオードとは

科学、数学、工学、プログラミング大好きNavy Engineerです。

Navy Engineerをフォローする
工学

pn接合はp型半導体とn型半導体が接触している部分ですが,pn接合ダイオードはpn接合の整流作用を利用したダイオードです.本記事ではpn接合ダイオードについて解説します.

スポンサーリンク

pn接合ダイオード

pn接合ダイオードはpn接合の整流作用を利用したダイオードです.ダイオードについて解説した後にpn接合ダイオードについて説明していきます.

ダイオードとは

図1 ダイオード

ダイオードとは一方向のみに電流を流す半導体素子です.また一方向のみに電流を流す特性を整流作用といいます.ダイオードは図1のようにアノード (陽極)カソード (陰極)の二つの端子を持ちます.またダイオードは図のようにアノードからカソードへは電流を流しますが,カソードからアノードへはあまり電流を流しません.

ダイオードは一方向のみに電流を流す,電圧を一定にする,検波などに応用されます.

pn接合ダイオードとは

図2 pn接合

まずpn接合は図2のようにp型半導体とn型半導体が接触している部分です.pn接合で解説しようにpn接合は順方向のみで電流を流す整流作用を持ちます.またpn接合は図3のような電流-電圧特性を持ちます.pn接合ダイオードはpn接合の整流作用を利用したダイオードです.
  

図3 pn接合の電流-電圧特性

まとめ

  • ダイオード:整流作用を持つデバイス
  • pn接合:p型半導体とn型半導体が接触している部分
  • pn接合ダイオード:pn接合を用いたダイオード

半導体工学まとめに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました