【高校数学】”分散の計算”の公式とその証明

エンジニア兼研究者のNavy Engineerです.
普段は半導体関係の研究をしています♪
研究のかたわら,Web制作や勉強したことをブログに書いてます.
このブログでわからないことが少しでもわかっていただけたら嬉しいです!

Navy Engineerをフォローする
数学

“分散の計算”の公式とその証明です!

スポンサーリンク

分散の計算

公式

分散の計算

$$V(X)=E(X^2)-m^2=E(X^2)-(E(X))^2$$

証明

線形性による証明

証明
分散の定義より
\(V(X)=E((X-m)^2)\)
\(=E(X^2-2mX+m^2)\)
期待値の線形性より
\(=E(X^2)-2mE(X)+m^2\)
\(=E(X^2)-2m^2+m^2\)
\(=E(X^2)-m^2\)
よって
\(V(X)=E(X^2)-m^2=E(X^2)-(E(X))^2\)

数Bの公式一覧とその証明

コメント

タイトルとURLをコピーしました