カメラの性能一覧!

科学、数学、工学、プログラミング大好きNavy Engineerです。

Navy Engineerをフォローする
工学

カメラにはいろんな性能指標があります。各性能は互いにトレードオフの関係になっていたりして、用途や使い方によってそれぞれにあったカメラがあります。本記事ではカメラの性能項目について説明します。

スポンサーリンク

性能一覧

画素数

画素数はその名の通り画素の数のことです。画素数が多いほどより精細な画像が得ることができます。なので多くの人が画素数が多いほど良いと思いますが実際は違います。実際に画像の細かさにおいては画素数が多いほどいいですが、画素数を増やすには一つ一つの画素サイズを小さくする必要があります。画素サイズを小さくすると感度が小さくなったりとその他のパラメータが悪くなってしまうため、画素数が多いほど画質が落ちるなどと言われます。画素数は多いほうがいいですが、単に多いほうがいいわけではないので、カメラを選ぶ際に頭に入れておいたほういいです。

SN比

SN比は実際に求める信号とノイズに比率のことです。SN比は信号÷ノイズでdBなどでも表示され、SN比が大きいほどノイズに対して信号が大きいためより良いとなります。

F値

F値 (Fナンバー、口径比)はレンズで集光される像の明るさの度合いを示します。焦点距離と絞りで決まり、F値が小さいほど明るいレンズとなり集光される像が明るくなります。しかし一般にF値が小さいほど収差の補正が難しくなるため、より高価になります。

画角

レンズによって撮影できる範囲が変わります。画角が大きいほどより広い範囲の撮影ができ、画角が小さいほど狭い範囲の撮影ができます。画角が大きいレンズは広角レンズと呼ばれより広い範囲の撮影ができ、画角が小さいレンズは望遠レンズと呼ばれより遠くにある被写体を撮影できます。一般的な画角のレンズは標準レンズなどと呼ばれます。

感度 (ISO感度)

光をとらえる能力で、一般に感度がいいほど画質がよくなります。

分光特性

各波長 (各色)の光の感度を示し、分光特性が良いほど色の区別がはっきりします。

ダイナミックレンジ

撮影できる明暗の領域で、ダイナミックレンジが大きいほどより暗い箇所や明るい箇所まで区別して撮影できます。

フレームレート

動画撮影において単位時間あたりの撮影枚数でフレームレートが大きいほど高速撮影できていることになります。しかし一般にフレームレートが大きいはど画像一枚当たりに撮影できる時間が短くなるため画質が落ちたりします。

電子シャッタ

機械シャッタとは別に電子的にシャッタの制御します。

消費電力

イメージセンサやカメラでの消費電力もカメラの性能の一つになります。

イメージセンサのサイズ

イメージセンサのサイズが大きいほど画素の数も画素のサイズも確保できるため、画素数も画質も良くなりますがより高価になります。

まとめ

本記事ではカメラの主要な性能を紹介しました。実際にデジタルカメラを選ぶ際は本記事に挙げたカメラの性能だけではなく、電池持ちや使い勝手、その他機能も考慮して選んでみてください。

2+

コメント

タイトルとURLをコピーしました