【カメラ・イメージセンサ】モアレ・フリッカーとは?

科学、数学、工学、プログラミング大好きNavy Engineerです。

Navy Engineerをフォローする
工学
スポンサーリンク

モアレとは

モアレはモニターや網戸などの細かい繰り返し模様を撮影したときに新たな縞模様などが発生する現象です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20200331_222439-1024x568.jpg
※モアレ (モニターを撮影)

モニターなどの繰り返しの模様と画素配列が干渉しあうことで発生します。デジタル信号の観点から説明すると、モニターや網戸などの細かい模様は空間的に高い周波数成分を持ち、これをサンプリングする際にサンプリング周波数 (この場合は画素ピッチ)が十分に高くないと繰り返し模様が発生します。つまりはエイリアシング (繰り返し雑音)が発生します。サンプリング定理によれば波形の最大周波数の2倍以上の周波数でサンプリングすればエイリアシングは発生しません。

またモアレは繰り返しの模様をスマホやPCなどで表示するときにも、画像の繰り返し模様とモニターが干渉することでも発生します。画像を拡大、縮小することで干渉の仕方が変化し、縞模様も同様に変化していきます。よって撮影したときにも、画像を表示するときにもモアレが発生することがあります。撮影時に発生したモアレは拡大、縮小しても模様は変わらず、画像を表示したときに発生するモアレは画像を拡大、縮小することで縞模様が変化します。

ちなみにモアレはデジタル化に起因して発生するためフィルムでは発生しません

モアレの抑制

モアレは抑制するには高い周波数成分を除去すればエイリアシングが抑制され、モアレも抑制されます。そこでLPF (ローパスフィルター)を使えば高い周波数成分が除去されてモアレが抑制されます。高い周波数成分が除去されるため、画素は少しボケます。

また高い周波数でサンプリングするばいいため、高い画素数のセンサで撮影することでもモアレを抑制できます。

他には被写体に対して斜めから撮影したり、絞りを変えることでも抑制できます。

フリッカーとは

フリッカーは蛍光灯の照明下などでの撮影時に発生する現象です。

flicker
※フリッカー

古い蛍光灯では目に見えてチカチカしています。そう見えない場合でも蛍光灯は通常、人間の目ではわからない高速でオン、オフを繰り返しています。撮影時にセンサを露光する期間に蛍光灯がオフのときが支配的になってしまった場合などに写真が暗くなったりします。またCMOSイメージセンサは行毎に別の時間で露光をするため、蛍光灯がオンのときに露光したり、オフのときに露光したりする行があり、縞模様が発生したりします。これがフリッカーで、撮影するたびに明るさが変わったりします。

フリッカーの影響を小さくするためには一つの行で露光している間に蛍光灯が何度もオン、オフすればフリッカーの影響を小さくできます。なので蛍光灯の周波数を上げるか露光する時間を長くすればいいことになります。通常は蛍光灯の周波数は変更できないために、露光する時間を長くすることでフリッカーの影響を小さくできます。

まとめ

モアレもフリッカーも画像に縞模様を発生させる現象ですが、発生させる原理も、縞模様の形も対応策も違います。モアレは細かい模様で縞模様が発生しますが、フリッカーは行に沿って縞模様が発生します。どちらも画質を低下させるため対応する必要があります。

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました