【カメラ・イメージセンサ】フレア・ゴースト・光条とは?

科学、数学、工学、プログラミング大好きNavy Engineerです。

Navy Engineerをフォローする
工学

フレアとゴーストは太陽などの強い光を撮影したときに画像が白くぼやがかかったり、虹のような光の環ができる現象です。意図しない場合にはただのノイズですが、逆にフレアとゴーストを利用して味のある写真にもすることもできます。

スポンサーリンク

フレアとは

Flare
※フレア

フレアは太陽光などの強い光を撮影したときに、レンズやカメラ内部で反射した光がセンサで受光されることで写真全体が白くぼやがかかります。写真全体がもやがかかったようになるため写真の精細さはなくなりますが、うめく生かせば印象的な写真にすることができます。

ゴーストとは

※ゴースト

ゴーストとは太陽光などの強い光を撮影したときに、レンズで反射した光が虹のような光の環や玉が写真に写りこむ現象です。フレアと同様にゴーストもノイズにも味にもなります。

フレア・ゴーストの抑制、出し方

フレア・ゴーストは抑制するには強い光が直接センサに当たらないようにしたり、撮影する角度をかえるたり、フードを被せることでできます。また逆にフレア・ゴーストを出すには逆のことをすればいいことになります。

また他には古いレンズなどは反射しやすいためフレア・ゴーストも発生しやすくなります。

光条 (光芒)とは

※光条 (光芒)

光条 (光芒)は太陽などの撮影時に生じるダイアモンドのような光の筋のことです。これは絞りによって生じます。

Aperture
※絞り

絞りは図のように角があったりします。この角によって光条が発生します。なので絞りの角の数によって光条の数も変わります。角の数が偶数の場合は絞りの角の数と同じ数の光条が発生します。角の数が奇数の場合は光の回折によって絞りの角と反対側にも光条が発生するため、絞りの角の2倍の数の光条が発生します。つまり
・絞りの数が6個 ⇒ 光条の数6個
・絞りの数が7個 ⇒ 光条の数14個
になります。

最近の絞りはこの角の影響を小さくするために円型の絞りが使われることがあり、その場合光条が発生しづらくなります。

まとめ

3つとも違う現象ですがどれも太陽光を撮影するときなどに発生しやすく、別の被写体を撮影したい場合などには邪魔になりますが、うまく生かして美しい写真を撮影することもできます。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました