【カメラ・イメージセンサ】高輝度黒反転とは?

科学、数学、工学、プログラミング大好きNavy Engineerです。

Navy Engineerをフォローする
工学

高輝度黒反転はCMOSイメージセンサ特有の現象で、太陽光などの強い光がセンサに当たったときに出力信号の一部が黒く反転してしまう現象です。本記事では高輝度黒反転の原理について説明します。

スポンサーリンク

高輝度黒反転とは

高輝度黒反転はCMOSイメージセンサ特有の現象で、下の図のように太陽光などの強い光がセンサに当たったときに出力信号の一部が黒く反転してしまう現象です。

高輝度黒反転
※高輝度黒反転の再現

発生原理

高輝度黒反転は下の図のように相関2重サンプリング (CDS)動作によって発生します。相関2重サンプリングの動作は、まず信号をフォトダイオードに蓄積させます。その後FD (フローティングディフュージョン)の電圧レベルをリセットし、リセットしたFDの信号を転送します。次にフォトダイオードに蓄積した電荷をFDに転送し、そのFDの信号を転送します。そしてリセットしたFDの信号と、フォトダイオードで発生した電荷を読み出したFDの信号の差分をとることで出力信号を取得します。

高輝度黒反転は極めて強い光があたっているときに、FDをリセットしてから、リセットしたFDの信号を転送するまでの短い間にフォトダイオードからFDに電荷がオーバーフローしてしまいます。そして電荷が溜まったFDをリセットレベルとして信号を転送してしまうため、フォトダイオードで発生した電荷を転送したFDの信号との差分がほとんど0となってしまい、黒色として出力されることで発生します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Black_Inversion-1-674x1024.png

改善方法

高輝度黒反転は電荷が容量を超えてしまい,信号が漏れることで起こります.そこで強い光源を避ける,レンズをつける,フィルターを付ける,露光時間を短くすることで避けることができます.開発段階ではFDの容量を大きくすることでも改善に役立ちます.

まとめ

本記事では強い光を当てたときに明るい箇所が黒く反転してしまう高輝度黒反転を紹介しました.強い光により信号が漏れてしまうことで発生し,改善するためには信号を漏れないようにする必要があります.

イメージセンサまとめに戻る

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました