【カメラ・イメージセンサ】シェーディング (周辺減光)とは?

科学、数学、工学、プログラミング大好きNavy Engineerです。

Navy Engineerをフォローする
工学
スポンサーリンク

シェーディング (周辺減光)とは

シェーディング (周辺減光)は下の図のように写真の中心に比べ隅が暗くなってしまう現象です。これにより写真の味とすることもできますが、写真をつなぎ合わせるときや研究用、あるいは普通の写真でも邪魔となるときがあります。大きな原因としては口径食とコサイン4条測の二つがあります。

※シェーディング (周辺減光)の再現

口径食

口径食は斜めから入射した光がレンズの筒に一部が遮られてしまうことです。これによって隅が中心に比べて暗くなってしまいます。口径食はレンズを絞ることで抑えられるため、シェーディング (周辺減光)も抑えることができます。

コサイン4条測

もう一つの原因にコサイン4条測があります。コサイン4条測はセンサにまっすぐ入射する光に比べ、斜めに入射する光がセンサの受光面で広がるため、隅でより暗くなる物理現象です。これはレンズを絞っても抑えることはできません。

まとめ

シェーディング (周辺減光)は写真の中心に比べ、隅でより暗くなる現象です。原因としては口径食とコサイン4条測があり、レンズを絞ることでシェーディング (周辺減光)を抑えることができますが、シェーディング (周辺減光)を利用することで味のある写真を撮影することができます!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました