アナログ電子回路とは?デジタル電子回路との違い

エンジニア兼研究者のNavy Engineerです.
普段は半導体関係の研究をしています♪
研究のかたわら,Web制作や勉強したことをブログに書いてます.
このブログでわからないことが少しでもわかっていただけたら嬉しいです!

Navy Engineerをフォローする
工学

本記事ではアナログ電子回路とは?デジタル電子回路との違い,アナログ電子回路の例について紹介していきます.

スポンサーリンク

アナログ電子回路とは

アナログ電子回路はアナログ (連続的)な電気信号を扱う電子回路です.ちなみにCMOSアナログ電子回路はpMOSとnMOSの両方のMOSFETで構成されたアナログ電子回路です.

アナログ電子回路とデジタル電子回路の違い

図 アナログ電子回路とデジタル電子回路の違い

アナログ電子回路とデジタル電子回路は上図のように電気信号をアナログ (連続的)かデジタル (離散的)として扱うかの違いがあります.

デジタル電子回路は通常,信号を0 (Low)か1 (High)かとして扱います.しかし実際の電気信号はアナログであるため,対策をしなければ電気信号が0か1で扱えなくなる場合が多いです.この対策をするために,デジタル電子回路でもアナログ電子回路の知識が必要になります.

アナログ電子回路の例

デジタル信号と比較してアナログ信号は信号の劣化がしやすく,データのコピーが難しく,再現性が乏しいなどの欠点があります.そのためデジタル電子回路がよく使われることが多くなってきました.

しかし自然の信号 (温度,音,光など)や電気信号自身はアナログです.そのためアナログ電子回路は必要不可欠で,なくなることはありません (電子回路が続く限り).以下にアナログ電子回路の例を示します.

アナログ電子回路の例

  • センサ (マイクロフォン,イメージセンサなど)
  • A/D変換器
  • 増幅回路
  • 発振回路
  • 変調回路
  • 電源回路

まとめ

  • アナログ電子回路:アナログ (連続的)な電気信号を扱う電子回路
  • CMOSアナログ電子回路:pMOSとnMOSの両方のMOSFETで構成されたアナログ電子回路
タイトルとURLをコピーしました