ダイオード・トランジスタとは?種類一覧

エンジニア兼研究者のnavy engineerです.
普段は半導体関係の研究をしています♪
研究のかたわら,Web制作や勉強したことをブログに書いてます.
このブログでわからないことが少しでもわかっていただけたら嬉しいです!

navy engineerをフォローする
工学

 ダイオードとトランジスタは電子回路に使われる半導体素子で,たくさんの種類があります.本記事ではそれぞれについてと種類を説明します.

スポンサーリンク

ダイオード

ダイオードとは

 ダイオードとは一方向のみに電流を流す半導体素子です.一方向のみに電流を流す特性を整流作用といいます.ダイオードは図1のようにアノード (陽極)カソード (陰極)の二つの端子を持ちます.またダイオードは図のようにアノードからカソードへは電流を流しますが,カソードからアノードへはあまり電流を流しません.

図1 ダイオード

 ダイオードは一方向のみに電流を流す,電圧を一定にする,検波などに応用されます.

ダイオードの種類

 ダイオードといってもたくさんの種類があります.電子回路の基礎としては知っておく必要はありませんが,参考として以下にダイオードの種類一覧を示します.

ダイオードの種類

ドランジスタ

トランジスタとは

 トランジスタは図2のように3端子を持つ半導体素子です.入力した信号を増幅して出力する増幅器として利用できます.また,ある電圧を超えて急激に電流が流れる特性を生かして,ある電圧値以上はオン,以下はオフとして扱うことでスイッチとしても利用されます.このスイッチを組み合わせて,福l雑な動作をするデジタル電子回路も作ることができます.

図2 トランジスタとは

 トランジスタが信号を増幅させる原理は,以下でバイポーラトランジスタの動作の説明としてします.

トランジスタの種類

 トランジスタも同様にいくつか種類があります.電子回路の基礎としては,最低限BJTとMOSFETは知っておいた方がいいです.参考として以下にトランジスタの種類一覧を示します.

トランジスタの種類

まとめ

  • ダイオード:整流作用を持つデバイス
  • トランジスタ:スイッチや増幅器として働く3端子を持つ半導体素子

【基礎から学ぶ】電子回路の基礎まとめ!に戻る

タイトルとURLをコピーしました