電子回路とは?電気回路との違い

科学、数学、工学、プログラミング大好きNavy Engineerです。

Navy Engineerをフォローする
工学

電子回路とはダイオードやトランジスタなどの能動素子を含んでいる回路のことです.本記事では電子回路について,電気回路との違いも含めて紹介します.

スポンサーリンク

電子回路とは

電子回路とはダイオードやトランジスタなどの能動素子を含んでいる回路のことです.回路は抵抗やトランジスタなどの素子を金属などの配線で繋いで輪の形で電流が循環する通路のことです.

電子回路にもアナログ回路やデジタル回路,集積電子回路など様々あります.電子回路は信号を増幅したり,計算,データの保存など様々な機能があります.現在では様々な箇所で利用され,パソコンはもちろんスマホ,カメラ,イヤホン,通信,家電製品など,私たちの生活は電子回路を利用したもので囲まれています.

電子回路と電気回路の違い

電子回路と電気回路はどちらも回路ですが,いくつか違う点があり,別のものなのでその違いを紹介します.

素子の違い

電子回路と電気回路の違いは使用する素子が違います.電子回路は受動素子 (抵抗,コンデンサ,インダクタ)と能動素子 (ダイオード,トランジスタ)で構成されていますが,電気回路は受動素子のみで構成されています.

受動素子 (抵抗,コンデンサ,インダクタ)は線形素子とも呼ばれて電圧-電流の関係が線形で,電力の消費・蓄積・放出のみをする素子です.一方,能動素子は非線形素子とも呼ばれて電圧-電流の関係が非線形で,信号を増幅したり変化させることのできる素子です.

一般的に電子回路と電気回路にはいくつか違いがありますが,この利用する素子の違いがこの二つの回路の違いになります.

役割の違い

電子回路は信号を増幅したりと信号のやり取りをすることに用いられますが,電気回路はエネルギーのやり取りをするために用いられます.

電圧の違い

必ずそうではないのですが,電子回路は低い電圧が利用され,電気回路では高電圧が用いられることが多いです.

まとめ

  • 電子回路:受動素子と能動素子で構成された回路
  • 電気回路:受動素子のみで構成された回路
  • 受動素子:電圧-電流の関係が線形の素子
  • 能動素子:電圧-電流の関係が非線形の素子

電子回路の基礎まとめに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました